歯周病治療|王子神谷・東十条で歯科・歯医者をお探しの方はさわべ歯科クリニック王子神谷まで

 
9:30~13:00
14:30~19:30

…14:30~18:00
休診日:火曜・祝日

tel.03-6915-4500

〒115-0043
東京都北区神谷1-25-3
ローレルホームズ王子神谷1F

  • 予約優先制
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

全身へ影響する前に、早期発見・早期治療

こんなお悩みがある方は、さわべ歯科クリニック王子神谷までご相談ください

  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきが下がった
  • 歯みがきをすると血が出る
  • 朝起きると口の中がネバついている
歯周病とは?
王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周病とは?

歯周病は成人の8割がかかっている国民病です。
進行すると歯を支える骨を溶かして歯を失う原因になることはもちろん、近年では「糖尿病」「心疾患」「誤嚥性肺炎」など、全身のさまざまな重篤な病気を引き起こす可能性があることが分かってきています。
「私は毎日歯みがきをしているから大丈夫」と思っていても、重症化するまで自覚症状がなく、気づいた時には手遅れになっていることが多いのが特徴です。
歯周病は歯を支える骨を溶かしてしまう恐ろしい病気。どなたでもリスクがあるため、過信しないで予防することが大切です。

歯周病セルフチェック

このような症状がある方は歯科医院で相談しましょう

  1. 歯肉の色が赤い、もしくは変色している
  2. 歯肉を押すと膿のようなものがでる
  3. 疲れていると歯肉が腫れやすい
  4. 歯肉がむずがゆい
  5. 歯と歯の間の隙間が広くなってきた
  6. 歯が長くなってきたように感じる
  7. 歯みがきをすると血がでる
  8. 歯肉がやわらかくてブヨブヨしている
  9. 口臭がキツクなった、人に指摘された
  10. 歯がグラついて噛みにくくなった

歯周病の原因

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周病の原因

歯周病の原因は「プラーク(歯垢)」です。 プラークが溜まっているお口は、「正しいブラッシングができていない」「ご自身のお口に最適なケアができていない」状態です。
プラークは細菌のかたまりです。これを減らさない限り、歯ぐきの炎症も止まりません。
そのため、プラークを限りなく減らすことが歯周病の治療の近道なのです。

全身疾患と歯周病の関係

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・全身疾患と歯周病の関係
● 脳梗塞
血栓によって脳血管が閉塞して起こる病気。血栓には歯周病菌の存在が確認されている。
● 狭心症・心筋梗塞
冠動脈が狭くなったり、血栓によって血管が詰まることで起こる病気。血栓には歯周病菌の存在が確認されている。
● 肺炎
歯周病菌が気管に入り込み、肺炎となることがある。
● 動脈硬化
動脈硬化を起こした血管内で、血管を狭める原因となるアテロームから歯周病菌の存在が確認されている。
● 肥満
歯周病と診断された人が4年後の健診時にメタボリックシンドロームの指標が高くなっている。
● 糖尿病
糖尿病になるとインスリンの働きの低下により、合併症として現れる。
● 骨粗しょう症
骨粗しょう症になると歯槽骨も脆くなり、歯周病も進行する。
● 低体重児出産・早産
歯周病の炎症により陣痛が促進され、早産となる可能性がある。

歯周病の進行

歯周病の初期症状は見た目の変化も、痛みもほとんどありません。
「目で見て腫れている」「歯みがきをすると血が出る」などの症状がある時は、すでに中等度まで症状が進行していると考えられます。
さらに進行すると、「口臭」「歯のグラつき」など、明らかな異常を感じるようになり、症状の改善には時間を要することになります。
歯周病かもしれないと思った方、最近歯科医院に通っていないという方は、お早めに受診してください。

  1. ● 健康な歯肉
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・健康な歯肉

    歯周組織によって歯がしっかりと支えられた状態です。
    症状
    歯肉がピンク色で引き締まっている
    歯と歯の間の歯肉は三角形
    ブラッシングや歯周検査で出血することはない
    メインテナンス
    健康な状態を維持するためには、定期的に日ごろの歯みがきをチェックし、クリーニングを行うと効果的です。定期検診にも忘れず行きましょう。

  2. ● 歯肉炎
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯肉炎

    歯肉炎は歯周病になる手前の状態のことです。歯肉炎の段階ではほとんど痛みを感じることがなく、「大したことはない」と放置してしまう人も多いようです。
    症状
    歯ぐきがはれている
    ブラッシングでまれに出血する
    痛みはほとんど感じない
    治療
    溜まっているプラークや歯石を除去するために、専門的なケアを受けましょう。プラークを除去し、正しい歯みがきをすることで、健康な歯肉に戻すことが可能です。

  3. ● 歯周炎(軽度)
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周炎(軽度)

    歯周炎は歯肉炎が進行して歯槽骨が溶けはじめ、さらに感染が進行した状態です。
    症状
    歯周ポケットが3~5mmになる
    ブラッシングで出血する
    歯がグラつく
    治療
    ブラッシングやスケーリング、デブライドメントで歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石をしっかり取り除きます。症状が進行しないよう食い止めていきます。

  4. ● 歯周炎(中等度)
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周炎(中等度)

    歯周炎よりもさらに症状が進行し、歯槽骨が半分近くまで溶かされてしまいました。
    症状
    歯周ポケットが4~7mmになる
    歯ぐきがひどく腫れてブヨブヨする
    口臭が強くなる
    治療
    プラークや歯石を除去していきます。症状が改善しない場合は、フラップ手術(歯周外科治療)を行って直視下で除去します。また、回復させるために歯周組織再生療法なども行います。

  5. ● 歯周炎(重度)
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周炎(重度)

    重度の歯周炎は歯ぐきが真っ赤に腫れあがり、膿がでます。
    歯周病の進行によって歯を抜かなければならないことが多くなります。
    症状
    歯周ポケットが6mm以上になり、歯の根が見える
    歯ぐきから膿が出る
    歯がぐらついて食事をとるのにも不自由が出る
    治療
    スケーリングやデブライドメントを行い、フラップ手術が必要になります。歯槽骨も大きく失われていることも多いため、回復させるために歯周組織再生療法なども行います。

歯周病の治療成果を継続させるためには、原因となるプラークと歯根の沈着物を除去し、その状態を維持し続けることが欠かせません。

経験豊富な院長による歯周病治療

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・経験豊富な院長による歯周病治療

歯周病認定医は、日本歯周病学会が認めた大学の付属病院などの医療機関において歯周病に関する3年間以上の研修を受け、認定医試験に合格した者のみが与えられる資格です。
資格習得後も、認定医として高い臨床レベルを維持するために、更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表を行うことが義務付けられています。
さわべ歯科クリニック王子神谷院長の澤辺は、日本歯周病学会 歯周病認定医・日本レーザー歯学会専門医です。歯周病に関する高度な知識と治療技術を持っておりますので、安心してお任せください。

歯周病治療の流れ

  1. 1検査

    適切な処置を行うために、様々な検査を行います。

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・歯周ポケット検査

    ● 歯周ポケット検査 ポケットプロープという先端に目盛りがついた器具で、歯周ポケットの深さを測ります。目盛りは3mm幅で歯周ポケットの深さによって、歯周病の進行度を計測していきます。
    この検査を行うと炎症が起こっている場所からは出血がおこるため、出血の有無も測定しています。

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・細菌検査

    ● 細菌検査 自費診療(必要に応じて) 歯周ポケット内にペーパーポイントと呼ばれる紙製の試験紙を数秒間挿入し、歯周病菌を採取します。痛みはありません。歯周ポケット内に含まれている細菌の数、種類を検査することによって、歯周病の早期発見とリスク判断を行います。
    費用

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・レントゲン(X線)検査

    ● レントゲン(X線)検査 肉眼では見えない、歯槽骨の減り具合や、歯石の状態を撮影し、口腔内の状況を把握します。

  2. 2カウンセリング

    検査結果を基に、患者さんの病状を説明いたします。 そして治療計画を説明して最適な治療方法を提案いたします。

  3. 3初期治療

    歯周病の基本的な治療を行います。

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・ブラッシング

    ● ブラッシング ご自宅で歯ブラシ、デンタルフフロスや歯間ブラシなどを用いて、歯垢を丁寧に取り除いていきます。歯周病治療は歯肉に付着しているプラークをできるだけ取り除くことが重要です。

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・スケーリング

    ● スケーリング スケーリングとは歯の根っこの表面についた歯石を削り取ることを言います。歯石はとても硬く、歯ブラシでは取ることができないため、専用のスケーラーをいう器具を使用します。
    歯周病の原因である歯石は、患者さんご自身では取り除くことができませんので、歯科医院で専用の器具を使って歯科医師・歯科衛生士に除去してもらいましょう。

  4. 4進行した歯周病の治療

    ● フラップ手術 歯周外科治療(フラップ手術)は、中度以上の進行した歯周病治療で行うものです。スケーリングなどでプラークコントロールをしてもなかなか改善が見込まれない場合、歯ぐきを切開して歯根面に付着している歯石を除去します。
    フラップ手術の最大のメリットは歯ぐきを切開して歯周ポケット深くに付着した歯石や、不良な組織を目視で確認しながら、全て取り切ることができます。
    ● レーザー治療 歯周病のレーザー治療は光や熱によって、歯周ポケット内の歯石・プラークを取り除くと同時に、歯周ポケット内の細菌を死滅させる効果があります。レーザーであれば、手動の器具などでは届かない狭い歯周ポケットの中や複雑な形態の歯周ポケットの中にも到達させることが可能です。
    また、炎症のある組織をレーザーで蒸発させることで、歯ぐきの治癒を促進させることがあります。
    ● 歯周組織再生治療 歯周病で失ってしまった歯肉や歯槽骨は元に戻すことができません。しかし、歯周組織の破壊がある程度とどまっている段階であれば、再生治療をすることが可能です。
    歯周病での再生治療は人工膜を被せて再生を促す方法や、歯根にジェル状の薬剤を塗る方法など複数選択肢があります。ただし、健康な歯周組織を取り戻すためには、数か月から1年程度の期間が必要で、再生する程度も個人によって差があります。また、完全に機能や見た目を戻すことはできないため、その点を事前に確認・理解しておく必要があります。
  5. 5メインテナンス・定期管理

    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・メインテナンス・定期管理

    治癒が確認できたら、もう次に治療することがないようにメインテナンスで維持していくようにしましょう。
    歯周病の予防はプラークと歯石、この2つを除去することです。完全に除去することは難しいのですが、できる限り減らすことで症状の進行はかなり抑え込むことができます。
    そのためには、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアとご自宅で行うセルフケアの2つを組み合わせて行うことが必要です。

たばこの歯周病への影響
王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・たばこの歯周病への影響 タバコを吸わないことは、口の中の健康を保つために最も重要なことの一つです。
タバコを吸っている人は、ニコチンによる血管収縮の作用で歯周病になるリスクが高いといえます。さらに、歯周病治療を受けても、喫煙の習慣がある人は治りにくいともいわれています。
実際に歯周病にかかってから禁煙した人は治療の経過も良好でしたが、禁煙ができなかった人はまた症状を繰り返していることがほとんどです。全身の病気に対する抵抗力も落ちてしまうため、意志を強くもって禁煙しましょう。
歯周病は早期発見・早期治療、
毎日のケアが大切です。
さわべ歯科クリニック王子神谷までお気軽にご相談ください
TEL03-6915-4500