小児歯科|王子神谷・東十条で歯科・歯医者をお探しの方はさわべ歯科クリニック王子神谷まで

 
9:30~13:00
14:30~19:30

…14:30~18:00
休診日:火曜・祝日

tel.03-6915-4500

〒115-0043
東京都北区神谷1-25-3
ローレルホームズ王子神谷1F

  • 予約優先制
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

子どもの頃から正しいお口のケアを

こんな症状のお悩みがある方は、さわべ歯科クリニック王子神谷までご相談ください

  • 正しいブラッシングを教えたい
  • 子どもにむし歯ができた
  • 子どもの歯が気になる
  • 子どものかみ合わせを治したい
小児歯科とは?
王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・小児歯科とは?

むし歯の治療や予防ケアは、小さい頃から継続的に行うことが大切です。子どもの歯はいずれ生え替わるからといってむし歯を放置しておくと、永久歯もむし歯になりやすくなり、歯並びやあごの成長に悪影響を及ぼすこともあります。子どもの頃から正しいケアを身につけていきましょう。

0歳からの歯科治療

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・0歳からの歯科治療

生まれて間もない赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在していません。
むし歯菌がお口の中に入るのは、離乳食がはじまる頃、母子感染や口腔ケアが行き届かず感染してしまうことがほとんどです。
乳幼児のむし歯のリスクを下げるためには、できるだけお口の中にむし歯菌を発生させる時期を遅らせることが重要です。そのため、食器の共有などはなるべく控え、早めに歯科医院に通う習慣をつけるようにしましょう。
歯科医院デビューのおすすめは生後約6ヵ月。歯の生え始めたくらいの時がベストです。この頃はまだ人見知りも少なく、歯科医院にも慣れやすい時期なので、赤ちゃんやお母さんにとってもストレスを感じることなく通院する絶好のチャンスといえます。

さわべ歯科クリニック王子神谷では、
最初に食事やおやつのアドバイスを行います

  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・食事の時間

    食事の時間

    食事をすると、お口の中が中性から酸性に変化し、歯が溶けやすい環境になります。だらだらと食事を続けたり、食事をとる回数が頻繁だと、歯が酸性にさらされる時間が長くなり、むし歯にもなりやすくなります。
    そのため、食べる時間や回数を決めることが大切なのです。
  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・砂糖を控える

    砂糖を控える

    むし歯の活動源は、食べ物に含まれる「糖分」です。特に砂糖はむし歯菌の大好物で、甘いお菓子やジュースの摂取が多いと、むし歯のリスクも高くなります。
    野菜や果物の自然な甘みや、キシリトール配合のお菓子を選ぶようにすれば、砂糖を使わずに甘みを楽しめます。
  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・食後の歯みがき

    食後の歯みがき

    食べた後はなるべくすぐにブラッシングをして、食べ残しや歯垢をお口の中から取り除くようにしましょう。
    ただし小さいお子さんは自分で上手に歯をみがくことができないため、ご家族の方などが丁寧に仕上げみがきをしてあげることで、むし歯を防ぐことができます。

子どものむし歯の特徴

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・子どものむし歯の特徴

子どもの歯は大人よりも歯質がやわらかく、表面に小さな穴がたくさん開いているためむし歯になりやすく、あっという間に進行してしまうという特徴があります。
乳歯がむし歯になると、永久歯が正しく生えてこないなど、お子さんの成長に悪影響を与える場合があります。
ただし、正しいケアをすれば、むし歯は防ぐことができます。お子さんとご家族が一緒になって取り組めば、むし歯とは無縁のお口をつくることができます。

子どものむし歯と発育の関係

  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・乳歯のむし歯は永久歯にも影響

    乳歯のむし歯は永久歯にも影響

    乳歯のむし歯が進行すると、歯の根っこまで到達し、膿がたまることがあります
    永久歯は乳歯の真下の膿が溜まったところから生えてくるので、むし歯菌に感染してしまうのです。むし歯菌に感染した永久歯は、そうではない歯に比べて、むし歯になるリスクはグッと高くなってしまいます。
  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・永久歯の歯並びが悪くなります

    永久歯の歯並びが悪くなります

    乳歯がむし歯になって早くに抜けると、両隣りの歯が動いて永久歯が生えてくるスペースがなくなってしまうことがあります。
    そうすると永久歯がズレて生えてきてしまうだけでなく、噛む力があごに伝わらず、あごが小さいままで歯並びが悪くなるケースも考えられます。
  • 王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・全身の発育も妨げます

    全身の発育も妨げます

    むし歯があると、食べ物を噛みちぎる・すり潰すことが難しくなります。すると柔らかいものばかり食べるようになり、ひいてはあごの発達も損なわれてしまいます
    幼少期に十分な栄養を摂取できないと、身体や脳の成長など全身の発育にも影響が出る可能性があります。

むし歯の予防について

  • ●フッ素(フッ化物)について
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・フッ素(フッ化物)について フッ化物は自然界に存在し、食べ物などにも含まれる栄養素です。
    このフッ化物は「歯の再石灰化(酸で溶けた歯を再生する力)を促す」「むし歯菌を抑制する」「歯質を強くする」効果があり、むし歯予防にとても有効です。
    歯科医院の定期検診で高濃度のフッ素を塗布することはもちろん、フッ素配合のペーストなどで積極的に使用することを心がけましょう。
  • ●シーラントについて
    王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・シーラントについて シーラントは生えてきたばかりの奥歯の凸凹を歯科用プラスチックで埋めて、むし歯にならないようにする予防法です。
    特に奥歯は磨きにくく、食べ残しも溜まりやすいのでむし歯になる前にフタをしてむし歯を回避しておくことがおすすめです。
    シーラントをするとお母さんの仕上げみがきも楽になります。
    奥歯が生えはじめたら、早めにシーラントをして、継続的にメインテナンスを行っていきましょう。

むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

王子神谷・東十条・さわべ歯科クリニック王子神谷・むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

むし歯ができてから歯医者さんに行くと、痛いところに触られたり、怖いことをされるんじゃないかと思ってお口も心も開くことができません。そのため、初めての治療は痛みや恐怖感を感じない「予防治療」を体験させることが大切です。
お子さんに怖い思いや辛い思いをさせる前に、痛みのない予防治療だけで済むようにしましょう。
笑顔で来て、笑顔で帰れる歯科医院でいられるように、お口の健康についてお子さんにも保護者の方にも楽しくお話しをさせていただきます。